ドメイン変更しても旧ドメインを維持しなければならない理由

ドメインを変更したら旧ドメインはどうされてますか?

過去の用途にもよりますが、原則として旧ドメインも維持すべき理由があります。

(意外と重要性に気がついてない方が多いので書きました。)

事例1 過去のメール、契約が筒抜けになる

co.jpドメイン(登記された企業しか使用できないドメイン)ですが、以前登録していた会社の社員宛に契約更新に関するメールが未だに届きます。前の企業がどういったサービスを契約していたか、もちろん全てが重要なメールではありませんが筒抜けです。

止む無くドメインを廃止する場合は事前に旧ドメインのメールアドレスで契約したサービスの解約かメールアドレス変更を行ってください。

(ドメイン名をメルアドとして使用してない場合はリスクは減ります。)

事例2 関係ないサイトに誘導される

企業や自治体等が過去に利用していたドメインを、新ドメイン取得に伴い廃止した事で旧ドメインが世界中の誰もが取得できるようになります(ドメインの種類にもよります)。

第三者が取得すれば何に使っても良いので、公的イメージが強かったサイトでもアクセスしたらアダルトサイトになっていた、サイトを開いたらマルウェア感染した、又はブラウザが勝手に複数起動してPCがクラッシュした・・・なんて事になります。

旧ドメインは大切に、ご利用は計画的に

ドメイン取得時は将来の維持費を意識するのも大切です。広告表示価格ではなく、価格表でしっかり確認してから取得するようにしてください。

ドメイン変更時には併せてSEOを意識して、今まで検索結果上位に表示されていた場合がそれが無駄にならないようにご注意ください。

スポンサーリンク