毎年年末年始は体調悪化傾向にあるが今回も厳しかった

20歳くらいから10年以上続くパニック障害、自律神経失調症、そして最近では副腎疲労という症状も(病名はキリがない)出ており、何故か年末年始は毎年インフルエンザやら嘔吐下痢やら何かと寝正月に繋がる症状ばかり。

インフルエンザと感染性胃腸炎がまさかの連続発症

今回は12月20日前後にまずインフルエンザと思われる39度の高熱が電車移動をした翌々日に発症し、これに伴う疲労で1週間弱ほとんど寝たきりに。その後ずっと家にいたのに何故か感染性胃腸炎にかかり水のような嘔吐下痢を繰り返し流石に体が耐えられず病院にて点滴してもらいました。

このダブルパンチで更に寝たきり状態は続き結局クリスマス前から正月終わるまでまともに食事を取れなかったり、ふらふらで寝たきり状態。初詣?なんだそれ?的な感じでした。

通常インフルなり風邪なり、胃腸炎なり一定期間過ぎれば元通りですが元から病気だと体の抵抗力が一気に低下してしまうため、完治までが非常に長引いてしまいます。

今回も症状軽くなれば楽になるだろうと楽観してましたが、普段は電車移動時に発症するパニック障害も家の中で発症してしまうほど悪化し、どちらかといえば常時不安状態に近い状態となっています。

意欲低下がうつ状態っぽい症状が出ている

更に外出不安や外出意欲の低下によりどうも昔のうつ病時代が戻ってきたような感覚。普段在宅時は飲まない頓服(レキソタン)も二度ほど服用する事に。息が苦しいという感覚と似た感じで頭脳が苦しい感覚に襲われる事が2度ほどありました。

以前にもこうなった事がありますが、当時は体に合わない抗うつ剤で自分の思考が理解できなくなり何とも言えない、気味悪い感覚です。

生まれつき体が弱いなら理解できますが、高校時代までスタミナもありましたし病気が始まって10年以上経過しましたが未だに受け入れる気持ちにはなれません。

風邪になると大体1週間は動けなくなる、普通の人は2、3日で回復できるのに・・・という苦痛は耐え難いものです。

今日こうやって記事を書いている=回復してきたという事ですが、この数日間も突然気分が悪くなったり、体が急激に冷えたり、体のどこかしらが痛み出したりと安定はしてません。

この病気がある以上、普通の人と同じ様な生活は送れてないのですが障害年金が出る訳ではありませんし、病気は生活費減少に直結するので悪魔に魂売ってでも治したいのが本音です。

スポンサーリンク